事業・サービス一覧
  1. ホーム>
  2. 事業・サービス一覧>
  3. 高齢者福祉>
  4. 港区生活支援体制整備事業

高齢者福祉

港区生活支援体制整備事業(港区受託事業)

生活支援コーディネーターが「地域でのつながりづくり」をお手伝いします!

★港区高齢者地域活動情報サイト「スタみな!」についてはこちら

地域で高齢者の在宅生活を支えるために、介護保険制度でのサービスのみならず、公的な福祉サービスや民間企業のサービス、さらに、地域の支え合いで行われるサービスなど、さまざまな実施主体の連携や情報共有と介護保険外のサービスの活用が重要となります。
港区では「生活支援体制推進会議」の設置や「生活支援コーディネーター」の配置等により、生活支援の体制を整備する事業を実施しています。

生活支援コーディネーターって何する人?

地域の支えあい活動を広める推進役です。地域のみなさんや関係機関と一緒に、高齢者の支えあい活動を広げることやサービスの開発に向けて検討し、取り組んでいます。

たとえばどんなことをしているの?

新型コロナウイルス感染症の影響により、地域のみなさんが行ってきた活動が制限せざるを得ない状況になっています。しかし、感染対策をしながら、内容や方法を工夫して活動を継続したり、新たな取り組みを始めたりするために、一緒に考えサポートしています。

【コロナ禍でこんな取り組みを行いました】
●「地域活動における新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン」を作成しました。
●「新しい地域活動への挑戦」と題したオンラインワークショップを開催。新しい生活様式を踏まえた取り組みについて、みんなでアイデアを出し合いました。
●コロナ禍で注目が集まったオンラインツールの使い方講座や使い方を教える人を養成する講座を開催しました。オンラインツールを利用した地域のつながりが増えています!
●「コロナ禍の地域活動事例ヒントブック 今、地域でできること」を発行し、コロナ禍でもできるつながりづくりのアイデアを紹介しました。

【コロナ禍でこんなつながりを支援しました】
●企業×サロン
高齢者サロンとコンビニをオンラインでつなぎ、保健師から栄養や食品選びのポイントについて学びました。
●学生×いきいきプラザ
保健師になるための勉強をしている学生が、いきいきプラザに通う高齢者のために七夕イベントを企画・実施しました。
●お寺×保育園
毎年お寺で行っている「スズムシの集い」が中止になり、飼育していたスズムシを寄付したいとの相談が入りました。区内保育園に声かけし、複数の園で飼育することに。園児たちがとても喜んでくれました。
●警察×サロン
コロナ禍で発生している詐欺被害について、サロンで周知・啓発しました。
●その他
地域活動等で知り合った人へ、区のサービス等の紹介と関係機関へのコーディネートをしました。
どうやって活動したらいいのかな…」という相談や、「私の地域でこんな活動を始めた!」という情報があれば、生活支援コーディネーターへご連絡ください!

港区高齢者地域活動情報サイト「スタみな!」




この事業についてのお問い合わせ  地域福祉係 : 03-6230-0281

社会福祉法人
港区社会福祉協議会(みなとくしゃかいふくしきょうぎかい)
(略称:港社協)

社会福祉法により設置された社会福祉法人です。
地域福祉を推進する役割と公益を推進します。

TEL:03-6230-0280(代表)
FAX:03-6230-0285

経営管理係 TEL:03-6230-0280
地域福祉係 TEL:03-6230-0281
ボランティア・地域活動支援係 TEL:03-6230-0284
生活支援係 TEL:03-6230-0282
成年後見推進係 TEL:03-6230-0283
経営企画担当 TEL:03-6230-0280

メールでのお問い合わせ

住所
〒106-0032
港区六本木5-16-45 港区麻布地区総合支所2F
地図はこちら
開設時間
祝日、年末年始を除く 月曜日~金曜日
午前8時30分~午後5時15分